うれしの茶の歴史は、五百余年前明の紅令民が南京釜を持参し釜炒り茶の製法を伝えたことが始まりと云われています。
釜で炒りながら手で揉みほぐして乾燥させていく作業を繰り返す為、根気と熟練の技が必要とされます。
釜炒り茶は、香りがよく味はさっぱりとしています。乾燥度が高いので変質しにくいお茶となっています。
釜炒り茶は、香りがよく味はさっぱりとしているのが特徴で乾燥度が高いので変質しにくいお茶となっています。
嬉野茶を存分に楽しむことができます。

釜炒り茶の淹れ方

標準量

お買い求めはコチラ

  • 釜炒り茶
  • 玉匠
  • うれしの紅茶
  • 温泉豆腐
  • お茶っ葉ふりかけ
  • 紅茶美人
  • ギフト
  • 定番商品